1万人に2人だけが知っている、”東大生”でも知らない英語の基本

こんにちは

今日はbe動詞のことについて。

be動詞!?何をいまさらと思うなかれ、
奥が深い。

be動詞とは、本来、「A = B」となるもの。

だから、本当であれば、「複数形」=「複数形」
とならなければいけない。

にもかかわらず、英語では

We are happy.

というように、Bの部分はhappys happiese などと
複数形にならない。

実は、ヨーロッパの言語で、
英語だけが複数形をまぬがれたそうだ。

つまり、何が言いたいかというと、
「英語の形容詞は複数形にならない!」

ではここで、

「We are a student short.」

これはなんと訳すべきか?

Weの後に単数形???

明らかにおかしい!

実はこれ、
We are short が本来の語順。

be short of を知っていればわかる。

もともともは、

We are short of a student.

「私たちは生徒がひとり足りない」が正しい意味。

これが、「short of」と「student」がひっくり返ってしまったもの。

とにかく、ポイントは、この2つを徹底的に頭に入れておく!

①英語の基本はSVO構文

②完結した文にあとを続けたいときは前置詞を置く

だから、We are short. でいったん文章は完結している。

で、本来、その後に続くときは前置詞が
おかれるにもかかわらず、
前置詞を省略する場合には

「倒置が起こる」という現象が生じるのがポイント!

今回の場合で言えば、

We are short of a student.なのに

「short of」と「a student」が逆さまになってしまい、

of が消えて、

We are a student short. で着地した、という話。

ちなみに、こういう話は東大生はおろか
1万人いたら1人か2人しか知らないそうなので、
希少価値が高い!

しかも、構造を理解していると、
「倒置」という裏技か!と
裏が垣間見れて、文章が立体的に感じる!

理解できると気持ちいい!

あ!ちなみに、「倒置」が起こるのは
本来、「感情がひっくり返る」ということの
現れだそう。
(詳細は割愛)