【衝撃】リスニングをしていても永遠に聞こえるようにはならない

こんにちは

今回はリスニングの衝撃的な話。

聞き取りができない!と言って、
リスニングをすることに、実は全く意味がないらしい。笑

よく、「聞き流すだけで英語がわかるようになる!」
という商品?(石川・・・さんのとか?)が
あるけれど、あれはまったくのウソ。

あまり言いたくないけれど、
情報弱者の弱みにつけ込むような商品なのかもしれない。
(知らんけど・・・)

なので、このブログを読んでくださった
あなたには、正しい知識を知ってもらいたい。

じゃあ、どうしたらいいのか?

「自分が出せない音は聞き取れない」

という大原則がある。

つまり、自分がネイティブの発音を
完コピするしかないのである。

ひたすらマネをして発音する。
これに尽きる。

で、このとき重要なのは、
英語の文字に意識を取られないこと。

つまり、聞き取ったものをカタカナで
書ければそれでことが足りる。

あ、あと、恐ろしいことに、
聞き流していると、「英語を聞き流す耳」
というのができてしまうらしい。

だから、聞き流してはいけない。

ご注意を。